ハローワークの求人票は信頼できない?求人票と条件が違う企業が多数

ハローワークの求人票と、実際の労働条件がぜんぜん違うと言うようなことがおきているそうです。2012年度の1年間だけで、7,783件もの苦情がハローワークにあったのだそうです。

厚生労働省は専用の電話相談ダイヤルを設置して、対応していく考えのようです。「ハローワーク求人ホットライン」という名称ですね。1

実際はもっと多いのでしょう

今回集計した7,783件という件数は、あくまでハローワークに正式に苦情があった件数ですよね。ですから、求人票と労働条件が違うと言う求人は、実際にはもっと多いと考えるのが自然でしょう。

常識的に考えると、軽微なものだったら、ハローワークに苦情を入れない可能性が大きいですよね。文句を言う労力を考えれば、労働者が飲み込むケースが多いはずです。

そう考えると、軽微なものも含めれば、求人票と労働条件が違うケースは、ずっと多いと考えるのが自然でしょう。もっと精緻な実態調査を期待したいものです。

2012年度のデータを今頃公表する理由は?

ところで、今回の報道でちょっと気になる点があります。情報が公開されるのが、ちょっと遅すぎる気がしませんか。

今回調査対象になったのは、2012年度のデータです。ちょうど1年前までの調査という事ですよね。なぜ公表されるまでに1年もかかるのでしょうか。

多分、調査の集計なんて、それほど時間はかからないはずですよね。集計して公表するだけなら、1ヶ月もあれば十分ではないかと思うのです。

新しい対策を考えるのに時間がかかったと言うことなのでしょうか。それにしても、1年は長すぎますよね。それに、先にデータの公表をしてもいいはずです。

公表のタイミングには、ちょっと不信感を抱きますね。誰かの責任問題になりにくいように、3月末の人事異動を待ったのでしょうか。あるいは、景気が良くなるのを待ってから出したのでしょうか。

何にしても、ちょっと嫌な感じです。

具体的な問題は次のような感じ

さて、求人票と実際の労働条件の違いは、どのようなものだったのでしょうか。記事の中でいくつか具体例が紹介されています。

ある運送会社の求人票に「基本給30万円」と記されていたが、実際の給料30万円には60時間の残業代が含まれており、本当の基本給は13万円程度だった

これは確かに悪質な書き方だと思います。でも、ありがちですよね。

企業側としては条件を少しでもよく見せたいはずです。こんなふうに書くところもあるでしょう。

それにしても、13万円はちょっと酷すぎますけどね。

また飲食業のある企業は「勤務先は都心部の店舗」として募集していたが、実際には都心から遠く離れた郊外での勤務を提示された

次に勤務地が違ったと言うケースですね。でも、これに関しては、それほど大きな問題だと思うわ無いんですけど。どうなのでしょうか。

都心部と言うのは抽象的な表現です。多少郊外でも文句は良いにくいはずなんですよね。どこからどこまでが都心部かという明確な定義がありませんから。

「都心から遠く離れた」とありますが、程度にもよるでしょう。記事に書かれた部分だけでは、ちょっと分かりにくいです。都心と書かれていて勤務地が埼玉とか千葉だったら、確かに納得しますけど。

「経理事務」を募集している製造業の企業で面接を受けたところ、「営業しか採用はない」と言われた

3つめの例は、募集する職種が違ったと言うケースです。営業職って、やっぱり、集めるのが大変なのでしょうか。

それにしても、経理職や事務職希望の人を営業にまわして、まともに成果が出るのでしょうか。営業職って、かなり向き不向きがある仕事だと思うんですけどね。ちょっと理解に苦しみます。

悪質云々の前に、どんな方針で採用しているのか不思議なケースです。

ハローワークが阻止するのは難しいのでしょう

こうした虚偽の求人ですが、ハローワークが阻止をするのは難しいのでしょうね。

そもそも、ハローワークが求人情報の真偽を精査するも難しいでしょう。例えば、「経理事務」で働く人が欲しいと書かれたら、疑いようが無いですから。

それに、虚偽の内容を含んだ求人だと分かったとしても、それを受理しない権限もおそらく無いのでしょう。法律がどうなっているかは知りませんけど。

ちなみに、記事の中には、ハローワークの職員の次のようなコメントが紹介されています。

求人票には仕事内容や労働条件を記載する欄があり、企業が書き込む。北関東のハローワーク職員は「おそらく苦情は氷山の一角だ。企業側にだます意図があっても、求人票の書式が整っていれば掲示せざるを得ない」と打ち明ける。

まあ、このあたりが職員の本音なのでしょう。

  1. <求人票>職安に苦情年7700件 実際の条件とかけ離れ(毎日新聞)2014年4月8日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。